読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vim のブログ

テキストエディター Vim の魅力、使い方のコツを初心者にも分かりやすく伝えていきたいと思います。

Vim のカスタマイズ 〜 検索/置換の設定 〜

この記事では、.vimrc上でset コマンドを使って vim の検索/置換の設定をするための option を紹介していきたいと思います。

option 名設定対象の説明値の種別オススメの設定
hlsearch 検索文字列をハイライトするか? オン/オフ オン
incsearch エンターキーで確定する前から、文字が入力されるたびに検索を行うか? オン/オフ オン
ignorecase 検索で大文字と小文字を区別しない。 オン/オフ オン
smartcase 検索文字列に大文字と小文字が混在した場合に限り、大文字と小文字を区別して検索。
ignorecase と両立する。
オン/オフ オン
wrapscan 最後尾の検索候補にたどり着いたら、次に先頭に戻る。 オン/オフ オン
gdefault 置換の時、gを指定しなくても同一行で複数回置換が行われる。 オン/オフ オン

上の項目について、.vimrc に記入するのにオススメの設定をまとめると下の通りです。"(ダブルクウォート)から始まる部分はコメントです。

set hlsearch "検索文字列をハイライトする
set incsearch "インクリメンタルサーチを行う
set ignorecase "大文字と小文字を区別しない
set smartcase "大文字と小文字が混在した言葉で検索を行った場合に限り、大文字と小文字を区別する
set wrapscan "最後尾まで検索を終えたら次の検索で先頭に移る
set gdefault "置換の時 g オプションをデフォルトで有効にする