読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vim のブログ

テキストエディター Vim の魅力、使い方のコツを初心者にも分かりやすく伝えていきたいと思います。

Vim のカスタマイズ 〜 タブ/インデントの設定 〜

この記事では、.vimrc上でset コマンドを使って vimコマンドラインモードの設定をするための option を紹介していきたいと思います。

option 名設定対象の説明値の種別オススメの設定
expandtab タブ入力を複数の空白入力に置き換える
(既存のタブには影響しない)
オン/オフ オン
tabstop 画面上でタブ文字が占める幅 数値 好みのタブ幅
shiftwidth 自動インデントでずれる幅 数値 好みのタブ幅
softtabstop 連続した空白に対してタブキーやバックスペースキーでカーソルが動く幅 数値 好みのタブ幅
autoindent 改行時に前の行のインデントを継続する オン/オフ オン
smartindent 改行時に入力された行の末尾に合わせて次の行のインデントを増減する オン/オフ オン

上の項目について、.vimrc に記入するのにオススメの設定をまとめると下の通りです。タブ幅は2としてみました。"(ダブルクウォート)から始まる部分はコメントです。

set expandtab "タブ入力を複数の空白入力に置き換える
set tabstop=2 "画面上でタブ文字が占める幅
set shiftwidth=2 "自動インデントでずれる幅
set softtabstop=2 "連続した空白に対してタブキーやバックスペースキーでカーソルが動く幅
set autoindent "改行時に前の行のインデントを継続する
set smartindent "改行時に入力された行の末尾に合わせて次の行のインデントを増減する